明日葉由来の青汁の優れている点

aoisiru11

戦後日本の食卓は一汁三菜の和食から欧米化するようになり、和食中心の頃より野菜が不足がちになりました。1日の野菜の摂取量は厚生労働省から約350gと推奨されており、生野菜の場合だと両手に山盛り1杯程度が目安とされています。しかしどの年齢層でも目標の350gを達しておらず、働き盛りである20代から40代だと100g近く野菜不足になっています。私たちが体内で生産できない栄養素が青汁に多く含んでることからも健康な生活を過ごすために明日葉などの栄養豊富な青汁で手軽に補うという人が徐々に増えてきました。

青汁は特にビタミンやミネラル・食物繊維を中心に栄養が豊富なことでよく知られています。以前ではケールが原材料としてイメージが強かったですが、大麦若葉や明日葉も使用されるようになり青汁の特徴である苦味も抑えられたものが増えてきました。そんなケールより苦味が抑えられている明日葉由来のもの青汁は苦味以外にもほかの野菜より優れた点がいくつかあります。

明日葉は「今日葉を摘んでも明日には新しい葉が生えてくる」という由来から明日葉と名付けられ、その生命力の強さから豊富な栄養素があります。この明日葉特有な成分としてカルコンという栄養素があります。カルコンは明日葉から出る黄色の汁に含まれており、ポリフェノールの一種で抗酸化作用や抗菌作用・血糖値の降下作用など健康に良い効果が多く期待できる栄養素です。現代社会で多くの人がなりやすい生活習慣病にも効果が期待され、健康的な身体を作るためにはもってこいの存在です。また、ガンや肥満予防への効果が高いといわれており、ダイエット効果も非常に期待されていることから明日葉由来の青汁を飲んでダイエットをしているという人もいます。ほかにも豊富に含まれる栄養素にはβカロテンやビタミン類・カルシウムやカリウムといったミネラルもあり、野菜不足に悩む現代人にぜひとも摂取してもらいたいものです。

粉末以外にもいろいろある青汁の形状

aosiru4_s

ケールや明日葉、大麦若葉や桑の葉などを、主に原材料として使用している製品に青汁があります。この青汁製品は、さまざまな種類の形状をした製品が、現在では販売されています。食物繊維やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、栄養が凝縮されている製品が多くみられますので、日常的に野菜を摂取する量が不足している方には、とてもうれしい青汁製品になるでしょう。販売されている形状に注目してみますと、代表的な粉末製品や、絞りたての青汁を瞬間冷凍させた製品、粒状のタブレット製品や、ゼリー状タイプの製品などがあります。

粉末タイプは、1回に摂取する量が包装してあり、水やお湯、牛乳など好みの飲み物に混ぜ、粉を溶かして飲めるものになります。苦味が少ないことから、多くの方は粉末タイプを購入されているようです。
絞りたての青汁を瞬間冷凍した製品は、味も濃厚で主原料となる成分の栄養価が高い傾向にあるようです。

また、粒状のタブレットタイプは、苦味が苦手な方でも口内にとどまる時間が短いため、比較的飲みやすいといえるでしょう。栄養も濃縮されていますが、身体の中に摂り入れたらすぐに分解されるため、吸収されるのもはやい特徴をもっているようです。
ゼリータイプは、スティックの個包装された製品に、青汁成分やコラーゲン、コエンザイムQ10やヒアルロン酸などの、美容に良い効果をもつ成分が配合された製品が販売されています。極力、青汁特有の味や臭いを取り除いて、摂取しやすいフルーツの味に仕上げられているものがあります。健康や美容に良い成分が、配合された製品となっていますので、試されてはいかがでしょう。

現在販売されている製品のタイプには、粉末タイプの他にも、絞りたてを瞬間冷凍させた液体タイプや、粒状のタブレットタイプ、ゼリー状のタイプなど、形状がいくつかありますので、自身が飲みやすい青汁の製品を選んで、健康を維持されてはいかがでしょう。

脂質異常症(高脂血症)の診断

脂質異常症は、血液の中に余分な脂質が多くなってきている状態を言います。
いわゆる血液がどろどろになってしまうというもので、以前は高脂血症と呼ばれていました。
このため血管が詰まりやすい状態になっているという病気なのです。
これだけでは自覚症状があまりないため、放置していると大きな病気につながってしまいやすいことから、
健康診断などで疑いのある場合は、きちんと医師の診断を受けておく必要があります。

ただし近年、一口にコレステロールと言っても、その中には善玉と悪玉があるということがわかってきました。
いわゆる悪玉と呼ばれているのがLDLコレステロールというものです。
そして、善玉と呼ばれているのがHDLコレステロールというものになります。
悪玉コレステロールも善玉コレステロールも、どちらもコレステロールなのですが、
悪玉は血管に付着してゆき、善玉は血管に付着しているコレステロールを取り去る効果があるのです。

悪玉が多すぎると、動脈硬化を起こしやすくなるのですが、善玉が少なすぎることでも、やはり動脈硬化を起こしやすくなります。
そのため、コレステロールの総量だけを基準としていた高脂血症の基準を改めて、新しい診断基準が作られることになりました。
そして今まで高脂血症と呼んでいたものを、改めて脂質異常症と呼ぶことになったのです。

その新しい診断基準となっているのが、空腹時の採血で調べる血液中に含まれるコレステロールの質とそれぞれの量です。
食事をするとその食事に含まれるコレステロールが吸収されて血液に入ってしまうので、
余分な脂質を量るためには、空腹時の血液に含まれるコレステロールを量る必要があります。

この悪玉の量が140mg/dl以上あると、高LDLコレステロール血症とすると定められました。
そして善玉の量が40mg/dl未満の場合、低HDLコレステロール血症とすることになりました。
中性脂肪が150mg/dl以上の場合にも高トリグリセライド血症という脂質異常症にあたります。

いずれもタイプの違う脂質異常になりますので、その人に合わせた対処が必要になります。

最近よく耳にする「ロコモ」の解説

健康に対する人々の意識が高くなっていく現代社会においては、それにまつわる言葉も次々と誕生しています。ロコモもそのひとつですが、この言葉の意味をしっかりと理解している人は少ないかもしれません。

ロコモと言う言葉は、2007年、どの国も未だ経験したことがないような超高齢化社会を迎えようとしている日本の未来を見据えた日本整形外科学会によって提唱された概念を示す言葉です。

どんな意味がそこにはあるのかと言うと、これは正式にはロコモティブシンドロームと言う言葉で、日本語に訳すると運動器症候群となります。この言葉が指しているのは、筋肉や骨、関節、軟骨、椎間板と言った運動器のいずれか、またはその複数に障害が発生し、立つ、座る、歩く、走ると言った機能が低下している状態です。加齢によってこうした運動器の機能が少しずつ低下していくのは、ある程度までは仕方のないことです。しかしそれが過度になると、自分の足で立つ、歩くと言った基本的な動作すら難しくなってしまいます。

するとそれによって社会参加が制限されてしまい、またそのことで本人の意欲の低下が招かれる恐れもあります。そしてそれがより運動機能の低下につながり、やがては要介護状態を招くと言うことも考えられます。現に平成25年度の国による調査では、要支援、要介護状態になった要因の第一位は運動器の障害となっています。それだけ運動器の障害、機能低下と言うのは、その人の健康を損ねる大きな要因とも言えるのです。日本は先進国の中でもトップクラスの長寿国です。

しかしより良い生活、人生を求めるのであれば、年齢を重ねてからも自分の足で立ったり、歩いたりして、自分の好きなように体を動かすことが必要であるため、このロコモを予防することは非常に重要なことに位置付けられています。人間の筋肉、骨のピークは20代から30代だと言われています。ですからこの時期に、適度な運動習慣を持ってこれらに負荷を与え、これら鍛えるようにしておくと、ロコモ予防には効果的だと言われています。ただしそれ以降の年代の人でも、こまめに体を動かす習慣を持つようにしてロコモを少しでも遠ざけることが必要です。

子供にも水素水を飲ませて大丈夫?

sosoguup

水素水はミネラルウォーターなど飲用目的の水に対して水素を溶け込ませた製品であるため、子供や赤ちゃんが飲んだ場合でも有害性が生じる可能性は極めて低いといえます。
製造方法は化学反応や圧力を利用した水素ガスの溶解が使われますが、原則としてどちらも同じ飲用の水素水として扱われます。

基本的に水素水は無味無臭となっていることから、誰でも飲みやすいというメリットを持っており、子供が嫌がらない限りは普通に飲ませても問題はありません。
近年では赤ちゃんのミルクを作る際に水素水を使用する方法も使われており、水素を体内へ取り入れる行為自体に副作用は存在しないので、安全性が非常に高く日常生活において扱いやすい飲用水になります。
欠点として水素水は温めることが不可能なので、水素を効率よく取り入れるには常温か冷やした状態で飲む必要性が出てきます。

逆に赤ちゃんや子供・お年寄りへ対しては不足し気味な免疫力の向上が期待できるほか、活性酸素の抑制に伴って炎症の生じるアレルギーや各種皮膚疾患を和らげ、健康的な生活を送るために役立つメリットが得られます。
子供のアレルギーとして代表的なアトピー性皮膚炎や花粉症、及び湿疹・思春期ニキビを改善する働きを見込めると同時に発症のリスク自体を抑えるのに有効であることから、免疫力の低い子供の頃から水素水を飲んだ方が結果的に良い効果を得られやすい傾向にあります。

食物アレルギーなどは1度発症すると食生活へ大きく影響を及ぼしてしまうため、副作用を起こさずリスクの軽減を狙える水素水はアレルギー体質であるほど飲用するべきといえます。
また、血行促進と細胞の酸化を防ぐ作用によって脳にも良い影響を及ぼし、集中力や記憶力が衰えるのを防ぐことが可能です。

注意点として一部の疾患が見られる場合や妊婦など、医師の診断により水素水の摂取を制限される例も考えられるため、心配な状況では必ず相談してから運用する心がけが大切となります。

マカは精力アップに効果があると言える?

kaopecha

マカというと昔から精力剤といったイメージがあります。
たしかに、妊活では旦那さんが、亜鉛やマカを服用するといったことが多く見受けられます。
たしかに、飲むと少しづつではありますが、精力がアップしてきます。
やはり、昔からの定番と言うだけあって効果は確かなようです。

しかし劇的に効果があるかといわれれば、そうではないようです。
日常的にマカを飲むことで、精力がアップするのが一般的です。
また、その時の体調によっては効き目が遅かったりもします。

基本的な体力が充実しており、日常的に運動をされている方はマカを飲むと劇的な効果が発揮されることもあるようです。
効き目の速さや効果の度合いは、それぞれの人によってかなりバラツキがあるようです。
ただし、亜鉛とマカを併用した場合には、多くの人に劇的効果が発生しやすいようです。
たしかに亜鉛を多量に含む、牡蠣を沢山食べた翌日は妙に精力的になることはありませんか?
これは、牡蠣に含まれる吸収しやすい良質な亜鉛とタンパク質のおかげなのです。

ですから、亜鉛はもともと精力アップには必須で、それにプラス マカですと効果も出やすくなります。
なかには、焼き牡蠣とマカを組み合わせると最強という話も存在します。
たまに薬局で、牡蠣とマカの組み合わせの製品を見受けることはあります。
上記の製品は、牡蠣肉エキスとマカの組み合わせですが。

このように、マカには精力アップの効果があり、組み合わせによってはかなりのポテンシャルを発揮します。
やはり、昔から信じられている成分は、確かなものが多いといった証明でしょうか。
マカ単品でも販売されており、飲むことも可能です。

精力アップのための精力剤人気ランキングなども参考になるかと思います。

しかし、マカ本来の力を有効に発揮するためには他のものと組み合わせると、パワーも数倍・数十倍になります。
マカ単品を購入する場合、同時に亜鉛や牡蠣肉エキスなども購入して、組み合わせると効果も出やすくなります。

マカ+牡蠣肉エキス+亜鉛など、企業独自の調合を行った精力剤はかなり高額ですので、その点はお財布との相談となります。
自分なりの精力剤の組み合わせや調合を発見するのも、楽しみがありますし、長続きするかとも思います。

月経前症候群になりやすい人の特徴

seri3_s

月経前症候群はPMSとも呼ばれ、生理前になると心身にあらわれる不調や不快な症状のことです。PMSは、生理周期に合わせて症状があらわれ、生理が始まることで症状が治まっていきます。これらのことから、ホルモンと脳内物質の変化が深く関係していると考えられています。排卵が終わってから生理が始まるまでの約2週間は、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加します。PMSはこのプロゲステロンの分泌増加により引き起こされています。また、精神的な症状は、喜びや幸せを感じる脳内物質であるセロトニンが減ることで精神的な不調が引き起こされます。

PMSの症状があらわれやすい人の特徴として、神経質や几帳面、真面目、完璧主義、負けず嫌い、我慢しやすい、感情を表に出さないなどがあります。日常的にストレスを感じやすい人や気づかないうちにストレスを溜め込んでいる人は、そのストレスにより症状を悪化させている事があります。また、お酒やタバコ、コーヒーなどをよく摂る人もPMSがあらわれやすくなります。アルコールやカフェイン、ニコチンは、血流をわるくするため、症状が出やすくなるとされています。

PMSの症状対策には、PMSサプリを飲むことです。PMSサプリは、薬を飲むことに抵抗がある人や体質的に飲むことができない人などに適しています。PMSサプリには、生理やPMSに悩む女性に有効な成分であるチェストベリーや月見草、プラセンタなどが含まれているものを選びます。PMSサプリでは、ハーブ系のものが人気ですが、特に症状が重い場合には、チェストツリーやγ-リノレン酸、ビタミンB6を補給することです。通常の薬に比べると、服用を続けても副作用の心配が殆ど無いことにより人気があります。排卵kら生理開始までに使用することで、症状の緩和が期待できます。ただし、ハーブ系はホルモンバランスに直接作用するものもあるため、妊娠中や授乳中は摂取を忌避することが望ましいとされています。

腸内の善玉菌を増やす方法

腸内の環境を整えることが健康にとって一番大切です。
腸内の環境を整えるとはどういうことなんでしょう。
よく耳にする言葉ですが、実はあまりよく意味が分からないものです。
腸内には、善玉菌と悪玉菌があるのですが善玉菌を増やすことを腸内環境を整える
といいます。
でも、食事で好き嫌いがあったり、油の多い食事が続いてしまったりすると、腸内は
悪玉菌が多い状態になってしまいます。
善玉菌が少なくなって悪玉菌が多くなってくると、腸内環境は悪化して便秘になりやすく
なり、免疫力も低下していくのでいろいろな病気になりやすくなってしまうのです。
善玉菌を増やすためには、ビフィズス菌や乳酸菌が多く含まれる食べ物を食べること
が一番の早道です。
ヨーグルト、キムチなどはお食事のときにとりやすいものです。
あとは発酵食品の納豆、チーズなどもとりやすいものだといえます。
その他に善玉菌が強くがんばれるように善玉菌が食べるオリゴ糖や食物繊維も大切
です。
オリゴ糖や食物繊維は、野菜や果物に含まれていますから気を付けてとるようにしたい
ですね。
ただ、乳酸菌は腸に届くまでに死滅してしまいやすく腸まで届くのは、ほんのわずかだ
といわれています。
死滅してしまった乳酸菌なども腸には有効な働きをするといわれていますが生きたもの
にはかないません。
そのことから考えると、善玉菌を増やすには乳酸菌サプリを利用するのが有効だと
思います。
乳酸菌サプリは、腸まで善玉菌が届けられるように工夫されているものが多いのですが
パッケージに書かれている内容を確認しましょう。
また、乳製品をとるとおなかがゴロゴロするという人がいますが、乳酸菌サプリならそう
いうこともなく、安心して利用できます。
心配な方は、お試しサイズのものを利用してみてください。
善玉菌を体内にたくさん取り込もうとすると、ものすごい量のヨーグルトや発酵食品を
とらなければなりませんが乳酸菌サプリだったら、少量で済みます。
サプリメントだと、旅行に行くときにも携帯できるので無理なく続けられます。
乳酸菌サプリを習慣にして腸内の善玉菌を増やし、健康に役立てましょう。

ヨーグルトと乳酸菌サプリの比較

乳酸菌が体にいいことは誰しもご存知かと思いますが果たして一体何に効果があるのか、どのように作用するのかなどは調べてみなければ分からないことでもあります。そして中にはヨーグルトなどの乳酸菌が含まれた食べ物が苦手という方も少なからずいらっしゃるはずです。そういった方はどのようにして乳酸菌を摂ればよいのでしょうか。

まずは、乳酸菌の効果です。様々な効果があるとされています。メジャーなのは便秘の解消などの腸内環境を改善していくことです。乳酸菌を上手に採ることで悪玉菌を減らして便秘の解消だけでなく腸内環境を良くしてくれる利点があるのです。もちろんそれだけではありません。腸内環境は体調そのものに直接関わることでもあります。つまり腸内環境が悪ければ体調も崩しやすくなったりするわけです。冬の乾燥する時期などにはインフルエンザやノロウイルスにかかりやすくなってしまうとも言えます。重大な症状に感染してしまう前に乳酸菌で予防しましょう。ですが前途にもあったように乳酸菌の入った食べ物が苦手な方はどうすればいいのでしょうか。それは、サプリメントです。

乳酸菌サプリメントであれば味はしないので苦手な方でも手軽に簡単に乳酸菌を体に取り入れることができます。また、乳酸菌サプリであれば持ち運びもできますし、家にいなくとも気がついたときに飲むことができるのでかなり便利なのです。手軽に、簡単に乳酸菌を摂る事ができれば腸内環境も改善されること間違いなしです。更に乳酸菌のすごいところは風邪予防や便秘改善だけではないのです。それは「花粉」です。花粉症に悩まされている方はたくさんいるはずです。この乳酸菌を採ることにより症状が軽減されるのです。完全に感知するわけではありませんが、免疫を活性化することができることが検証されています。そのおかげで花粉症も改善されると言うわけです。つまりアトピーや皮膚炎などの慢性的な症状も改善される可能性があると言うわけです。恐るべし乳酸菌を乳酸菌サプリで上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。乳酸菌サプリであれば手軽に毎日摂る事ができるはずです。

コラーゲンは食品とサプリのどっちから摂るのがいい?

主に女性をターゲットにしたと思われる商品に、コラーゲン入りという表記を良く見ます。
一般的にはコラーゲンを摂取すると肌がプルプルになると言われております。
しかし摂取してもそのような効果はないという意見もよく聞きます。

koratteikou

コラーゲンをたくさん摂取しても体内でアミノ酸に分解されてしまうから。
また、効果があっても肌に出るかは定かではない、というものです。

ですが、コラーゲンを一週間一定量摂取してどうなるかという実験では、実験を受けた方の目尻や頬、唇などのコラーゲン密度が明らかに増しており、肌のキメの数も増加しているという結果も出ております。
個人差はあるようですが、確かな実験結果もありコラーゲンは効果あるようです。

また、一般的には肌が美しくなるという効果が知られておりますが、関節を滑らかにする効果や骨を強くする効果もあるようです。
そしてコラーゲンの摂取方法にはコラーゲンを含む食品から摂取するのとコラーゲンサプリメントから摂取する方法があります。
このどちらかが良いかは、その人によります。

例えば多く含む食品は手羽先、豚肉、フカヒレ、マシュマロ、グミなどです。
効果を狙うには一週間に一回程度ではなく、毎日摂取しなければ効果は期待できません。
人によってはこれらの食材があまり好きではない、あるいは毎日摂取するのはコスト的に厳しいという方もいるでしょう。
そういった方にオススメできるのがサプリメントなのです。

サプリメントならば比較的リーズナブルに無理なく摂取することができます。
また、カロリーも低いのでカロリーが気になる、ダイエット中などの方もサプリメントを頼ると良いでしょう。
では、サプリメントの方が優れているのかというとそうでもありません。

食材からは他の栄養素も摂取できますし、何より食材なら美味しく味わって食べることができます。
最近は改良が進んでサプリメントも味がよくなってきましたが、本物の食材にはかないません。
自分の好みとニーズにより、上手に選んでいくと良いでしょう。