月経前症候群になりやすい人の特徴

seri3_s

月経前症候群はPMSとも呼ばれ、生理前になると心身にあらわれる不調や不快な症状のことです。PMSは、生理周期に合わせて症状があらわれ、生理が始まることで症状が治まっていきます。これらのことから、ホルモンと脳内物質の変化が深く関係していると考えられています。排卵が終わってから生理が始まるまでの約2週間は、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が増加します。PMSはこのプロゲステロンの分泌増加により引き起こされています。また、精神的な症状は、喜びや幸せを感じる脳内物質であるセロトニンが減ることで精神的な不調が引き起こされます。

PMSの症状があらわれやすい人の特徴として、神経質や几帳面、真面目、完璧主義、負けず嫌い、我慢しやすい、感情を表に出さないなどがあります。日常的にストレスを感じやすい人や気づかないうちにストレスを溜め込んでいる人は、そのストレスにより症状を悪化させている事があります。また、お酒やタバコ、コーヒーなどをよく摂る人もPMSがあらわれやすくなります。アルコールやカフェイン、ニコチンは、血流をわるくするため、症状が出やすくなるとされています。

PMSの症状対策には、PMSサプリを飲むことです。PMSサプリは、薬を飲むことに抵抗がある人や体質的に飲むことができない人などに適しています。PMSサプリには、生理やPMSに悩む女性に有効な成分であるチェストベリーや月見草、プラセンタなどが含まれているものを選びます。PMSサプリでは、ハーブ系のものが人気ですが、特に症状が重い場合には、チェストツリーやγ-リノレン酸、ビタミンB6を補給することです。通常の薬に比べると、服用を続けても副作用の心配が殆ど無いことにより人気があります。排卵kら生理開始までに使用することで、症状の緩和が期待できます。ただし、ハーブ系はホルモンバランスに直接作用するものもあるため、妊娠中や授乳中は摂取を忌避することが望ましいとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>