明日葉由来の青汁の優れている点

aoisiru11

戦後日本の食卓は一汁三菜の和食から欧米化するようになり、和食中心の頃より野菜が不足がちになりました。1日の野菜の摂取量は厚生労働省から約350gと推奨されており、生野菜の場合だと両手に山盛り1杯程度が目安とされています。しかしどの年齢層でも目標の350gを達しておらず、働き盛りである20代から40代だと100g近く野菜不足になっています。私たちが体内で生産できない栄養素が青汁に多く含んでることからも健康な生活を過ごすために明日葉などの栄養豊富な青汁で手軽に補うという人が徐々に増えてきました。

青汁は特にビタミンやミネラル・食物繊維を中心に栄養が豊富なことでよく知られています。以前ではケールが原材料としてイメージが強かったですが、大麦若葉や明日葉も使用されるようになり青汁の特徴である苦味も抑えられたものが増えてきました。そんなケールより苦味が抑えられている明日葉由来のもの青汁は苦味以外にもほかの野菜より優れた点がいくつかあります。

明日葉は「今日葉を摘んでも明日には新しい葉が生えてくる」という由来から明日葉と名付けられ、その生命力の強さから豊富な栄養素があります。この明日葉特有な成分としてカルコンという栄養素があります。カルコンは明日葉から出る黄色の汁に含まれており、ポリフェノールの一種で抗酸化作用や抗菌作用・血糖値の降下作用など健康に良い効果が多く期待できる栄養素です。現代社会で多くの人がなりやすい生活習慣病にも効果が期待され、健康的な身体を作るためにはもってこいの存在です。また、ガンや肥満予防への効果が高いといわれており、ダイエット効果も非常に期待されていることから明日葉由来の青汁を飲んでダイエットをしているという人もいます。ほかにも豊富に含まれる栄養素にはβカロテンやビタミン類・カルシウムやカリウムといったミネラルもあり、野菜不足に悩む現代人にぜひとも摂取してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>